コレクション: ブルックナーブレンドコーヒー

アントン・ブルックナー(1824年-1896年)は、オーストリアの作曲家でありオルガニストでした。彼はロマン派音楽の時代に活躍し、重厚な交響曲と宗教音楽で知られています。

ブルックナーはオーストリアの東北部リンツに近い小さな村アンスフェルデンの学校長兼オルガニストの長男として生まれ、幼少期から音楽の才能を示しました。彼はオルガンの奏者としてキャリアをスタートさせ、ウィーンで有名な教会のオルガニストとなりました。

作曲家としての成功は長い時間を要しましたが、ブルックナーは音楽史的にも他の作曲家と異なる独自の様式を確立しました。彼の交響曲は壮大で力強い音楽性と豊かなオーケストレーションが特徴で、特に楽章間の対位法的な技巧が目立ちます。

その一方でブルックナーは一貫して自己批判的であり、自作に対して熟考し続けました。そのため、多くの作品が弟子によって改訂されたり、自ら書き直したりを繰り返したので複数のバージョンが存在します。

しかし、彼の音楽は19世紀後半のオーストリア音楽の重要な一角を占め、後の作曲家にも大きな影響を与えました。

ブルックナーは死後より高く再評価され、現在でも彼の音楽は世界中で愛され続けています。近年では彼の作品群は世界中の管弦楽団の大切なレパートリーとして大切にあつかわれていてその独自の音楽言語と圧倒的な表現が聴衆と音楽家双方に高く評価されています。


店主堀 謙造はクラシック音楽全般をこよなく愛していて特にブルックナーは特別な尊敬と愛着を持っています。

コンサート会場で100名を超えるオーケストラの演奏するブルックナーの大交響曲を聴くたびに新たな発見や気づきを得ています。自分自身の存在が自然や宇宙に包まれていることを感じる音楽はブルックナーを聴く最大の喜びや醍醐味だと思うのです。

私はブルックナーが眠る聖フローリアン教会にいつの日か訪れる日を夢見ています。

そんな色々な想いをコーヒーで表現できないか?と思いついて作ったのが【Bruckner blendcoffee】のシリーズです。

ブルックナーは試作も含めると11曲交響曲を書いています。そしてその交響曲群にはそれぞれナンバーが与えられています。
習作から最後の神の領域に達したかのような傑作までそれぞれに規模や個性が異なります。それをコーヒーの風味で再現しようとしたのが【Bruckner blendcoffee】シリーズです。

時間をかけて順次、ブレンドコーヒーをつくっていきます。

今後とも新しいブレンドコーヒーにご期待ください。

商品が見つかりません
絞り込みの数を減らす、またはすべて削除する